がんぶろぐ。
   直腸がんの治癒中の私の日々の報告と、思うところ、お伝えしたいところを書いております。後に続く患者の為にも情報公開も。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
# of view.

more than

of view since 25th Nov. 06. so far! Thanks for stopping by.

最近のコメント

give me e-mail whatever

Any news, anything good? or same SH** all day.

名前:
メール:
件名:
本文:

gimme whatever. I think i wont reply but..

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 重大発表!
遅くなりました。この数日間、いろいろな事がありました。

結論から先に申し上げて、その詳細を詳しく申し上げたいと思います。

(モルヒネの強力な性能(「グタグタ」になります。)と痛み(白目が揺れます。)の間の中で、
時間をかけながら書いております。
無礼、失礼のない様、書いておりますが、形式的でないこと、難解であることなど想像します。
謹んで駄文、お許し願いたく。)

目次。
1、BUZZの業態改変について。
2、体調の動向について。
3、皆様にお詫びとお願い。その他。

1、BUZZ バグバグの業態改変につきまして。

このたび、当面の間、バグバグの一部門、整備、塗装等の於自社、内製作業を
大幅縮小させて頂きたく存じます。

有限会社 バッズおよび、バグバグは、15年2ヶ月の間、整備、板金塗装、溶接、
その他を正業とし、
皆様のリクエストに最大限お答えできるよう、門戸を開放して参りました。
また、これは私個人の技術の開示と成長の糧でもございました。
予算、ご希望にあわせ、価値のある作業、価格に対して効果の高い方法を画策し
それに喜びを感じて参りました。
価格だけで判断するような市場の誤った価値観、それを利用し、幸の薄い車を売る
一部の素敵でないVW業界人、本当の価値を見間違ってしまうお客様。
説得さえもできない、自分おふがいなさ。その他、いろいろな問題を抱えつつ、
解決の糸口を探りつつ、辛くも楽しい15年の歳月を捧げて参りました。
調子の悪い車が完全になるたび、お客様の笑顔が見えるたび、アドレナリンが出て、
徹夜も疲労も消えて楽しい日々でした。
この辺りは後日、思い出話など時間の許す限りブログで沢山書きたいと思っています。

今後、バグバグとしてはオリジナルパーツの販売、修理などの情報の提供、などに特化し、
空冷フォルクスワーゲンのshopとしては、第一戦線からは離脱しつつ、ますます異端に
存在したいと考えております。
また、一方、有限会社 バッズとしては、時代に合わせてスタイルを変え、各種貿易、
翻訳通訳などなど、「楽しい事」を業とし、
皆様の「楽しみ」の傍にいつも居たいと考えております。
こちらもよろしくお願いします。

まさに、断腸の思いです。守り続けてきたもの。自分の氏名よりもバグバグという名前の
存在は大きく、そして社会に出てからのほとんどを空冷に注ぎ込んで参りました。
「勇退」というコトバが脳裏をよぎり続けたこの数ヶ月。
「老兵は死なず。」「手放せば手に満てり。」いまだ涙が溢れます。

また 販売した車両に関して、またメンテナンスさせて頂いている車両に付きまして、
無論、責任と気概がございます。全ての手作業を中止するのではなく、
対応しなければならないものは責任として、また、由縁のあるものは出来る範囲で
お答えしたいと思っております。

納期の確定しないまま、お受けしているプロジェクトカーを現在3台、ございます。
この3台につきましては、小生のリハビリ中、リハビリ後の
作業としてお受けさせて頂くか、もしくは現況の状態での返却をと、考えております。
養生の期間、帰還の可能性も見えない状況ですので、私には判断が出来ませんので、
この辺りにつきましては、お客様ご本人のご意思を優先したく存じます。
不利益にならないよう、尽力いたしますので、ご理解のほど、お願い申し上げます。



2、体調の動向について。

明日に重大発表をと、申し上げて置きながら、更新が遅くなってしまいました。
痛みが激しくなり、モルヒネに頼る日々が続き、また遠方より友ありて、考えることも
増えてしまい、また、血液検査、CT画像検査など受けまして、その結果、特に肝臓の転移、
腸の状態が想像に比べ、とても悪いという事がはっきりし、自分の頭で解決するには
数日を要してしまいました。
今、診て頂いている、尊敬できる医師いわくは、「平均より悪くないよ。良かったね。」という
ニュアンスの内容ではありましたが、小生としては思わしくない結果であり、
このまま行けば、平均では逝くまで長くない内容です。
まあ、まだまだ逝きません。やりたい事だらけです。大丈夫です。(*^。^*)
この辺りの目標の持って生き方、(無理のない、かつモチベーションが下がらない)など
考えも定まらず、業態改変をどの程度進めるべきか、(完全閉業、業務移管、
人員強化なども考えましたが。)ない頭をかき回し、ラリった頭を掻き毟って検討しておりました。
いっそのこと、リミットが解れば、目標も決められるんだけどね。。。我ながらしぶといし、
まだなにやらお役目があるみたいですし、だから面白いんですよ。極限でも楽しんでいます。

また、体調の状況によっては、緊急入院なども視野に入れております。


3、皆様にお詫びとお願い。その他。


3-1
体調の状態など鑑み、またスタッフや作業の内容、経済負担などを鑑み、2月末日までで、
現在地からの移転を進めております。整備、塗装を内製しないのであれば、
スペース的には例えばビルの二階でも、僻地でも、良いと考えております。
現在のところ、仙台の奥座敷、作並、秋保などの温泉地付近に、自宅兼倉庫、兼事務所兼、
遊び場を構え、セミリタイアの姿勢でゆっくり養生をと、考えております。
また、有限会社 バッズの業務上、税務上の住所は以前の通り、仙台市青葉区大手町に
置いております。体調などにあわせて詳細定まり次第、ご報告いたします。

3-2
現在、スタッフは最後の作業を進めながら、ゴミを片付けながら、分別しながら、
運びながら、多忙な状況を極めております。この中で、処分市を開催します。
車両、(ジャンク、ベース、完成車、オリジナルコンディションの車両など多々あります。)
パーツ(オリジナルパーツ、純正、中古、解体ボディーパーツ、激レアパーツ)
雑貨、(ラジオ、Tシャツ、ワークシャツ、扇風機、電話機その他いろいろ小生のコレクション)
書籍(VW関連、違法関連、科学系、車両系、その他ごちゃごちゃと。)
ぜひ、お買い求めにご来店ください。多忙なので対応が遅くなる事、もしくは価格算定に
時間が掛かってしまうことも考えられます。どのようなゴミのようなものでも、
小生には愛着のあり、歴史のある、愛すべきものです。
どんなに特別な方であっても例えば売価15000円、仕入れ10000円のモノを100円で
お譲りするつもりはありませんが、
治療費、その他かなりの費用がすでに掛かっており、また今からも掛かる状況からは
脱出に時間がかかります。また、今後は保存するスペースも限られるかと存じますので、
大事に傍に置いていただけるのであれば、原価を割っても手元から離したいと思っております。
一部可能なものは、ヤフオクでの販売も検討しております。
電話、メールでの中古パーツなどの在庫、コンディションなどの問い合わせは対応しません。
コンディションの表現などは、中古の場合、不可能ですし、数点の対応だけで、
時間が掛かり過ぎ、ますますスタッフにも負担となってしまいます。
ご来店頂ければ必ずや、元が取れるように調整します。よろしくお願いします。

3-3
お片づけスタッフが不足しております。お近くにお住まいの常連様、ぜひ、運転手、
荷積み、ニオロシ、お手伝いお願いしたいと存じます。軍手、ガソリン代は準備しますので、
ぜひご賛同ください。 まずもって、電話、メールで連絡頂ければと存じます。
あまり「依頼する」「人にモノをたのむ」ということが、上手に出来ない私ですが、
今回はお願いせざるを得ません。スタッフを助けるためにもよろしくお願いします。
すでに、スタッフは只ならぬ多忙を極めております。電話は、なり続け、FAXも流れ続け、
お客様は沢山お見えいただいております。ご無礼があることがあるかと存じます。
最大限の速度で、最大限のサービスと最後のご奉仕をと考えております。
何卒ご理解のほど、また、ご来店のほど、お願い申し上げます。


3-4
ブログをご覧頂いている業者様、その周辺の方々、ぜひ仙台へ、積載車でご来店を
ご検討ください。空冷ワーゲン業を続けるのであれば、必ずや必要となる足回りの
細かいパーツ、フェンダー、ドア、シート、ヘッド、クランク、エンジン、ミッション、
シャフト、ギア、ねじ、などなど、沢山あります。格安にてお譲りします。
また、ワーゲンファンの皆様であれば、シートは張り替えてご自宅のソファーに
することも可能ですし、長年気になっていた、パーツ待ちの
のんびり修理も完成するかもしれません。

3-5
いずれにせよ、仙台までお越しの際は、ショップへお越しの際は、どちら様も、ぜひこちら、
小生の自宅までご光来頂ければと存じます。まだ見ぬ貴方もぜひ。(^.^)/~~~
家族の強力なバックアップを得て、長引くことも鑑み、上記の引越しまでの間では
ございますが、専用の療養部屋を玄関の傍に一室、設けました。
もうすぐ2歳の長男と嫁がおりますが、時間にも気兼ねなく、ご光来いただけるよう、
最大限の準備をしました。今週だけでも神奈川、神戸、京都、遠方からも、
そして常連さんも、元スタッフも、来て頂いてパワーを分けて貰っています。
遠慮なく、気の引けることなく、ぜひご検討ください。お蔭様で痛みが減ります。
往診処置中、のた打ち回り中、爆眠中などは、駄目かもしれませんが、なるべくスケジュール
あわせましょう。会話すると、疲れます。が、それ以上に元気になります。ぜひぜひ。
地図、携帯番号などスタッフが持っております。アポ後、お気軽に手ぶらでどうぞ。

3-6

本日最後のお願いです。本日を持ちまして、ブログの全面公開をお願いします。
数日後にはバグバグのHPにこのブログをリンクさせる予定ではございますが、
まずもって、皆様の草の根作業をお願いしたいと存じます。
空冷ワーゲン関係の掲示板、メルマガ、HP、MIXIなどへの掲載などお願いします。
スタッフのためにもショップと私の状況を曲がった情報の流布のない様、
お伝えしたいと思っております。
また、状況が状況ですので、渦中からの正確な情報の提供が、
皆様の愛顧に対する感謝表現かとも思います。
お手間でない範囲で、可能な限り何卒よろしくお願い申し上げます。

自分を犠牲にしても、楽しんでくれる人が居れば、それでいいのだと、
今までは考えていたところが有ったように思います。 自己犠牲の上に、喜びを与えることなど
出来ないのだと、今、とてもよく理解しています。
苦労人を気取り、徹夜をし、喜ばせることに熱心でした。頼まれると断れないという性格は、
人にモノを頼まない、自分でこなそうとする癖をつくりました。
いろいろな部分に、心得違い、自分というものが見えなかったことなど、
そして勘違いをしてきた事が、ストレスとなり、罹患につながったと感じております。
今頃、何を言っても遅くないことを期待しますが、いままで数ヶ月、中途半端でない
自己分析を続け、生意気にも自己完結、自己形成、が出来た(つもり)と、
病に感謝する事もございます。

今後、業務、商売を超えて、私の傍に居てくれれば、ますます楽しい事が
盛りだくさんだと思います。
ワーゲン大騒ぎにアメリカも行きましょ。ぜひぜひ。
なにか面白い商売。。楽しそうならとことん力になりますよ。ぜひぜひ。

以上、何卒よろしくお願い申し上げます。  
2007年 1月 末日   有限会社 バッズ ワーゲンショップバグバグ 菅原 一騎  拝。

スポンサーサイト
未分類 | 固定リンク | トラックバック:6 | レス:427
(2007/01/31(水) 01:25)

 明日、重大発表をいたします。
殺人事件や、不可解な事件がおこると、
渦中の人の過去の文集をひっくり返して、ねたにするニュース番組。
くだらないと思いつつ、私が何を書いたか、思い出してみました。

発明家

なんでも修理屋さん

医師

乗り物博士


げ。(*^_^*) 特に「なんでも修理屋さん。」私、これだ。
他も当たらずとも遠からず。でしょ。


体が弱く、一月に一度は風邪をひき、喘息に発展し、一週間は
必ずねこみ。薬を両手に一杯飲んで、吐き。そんな小学校時代に、
印象的な記憶は、休んでいる間に作った工作。
二年生の夏につくった工作、(玄関ブザー)は、親が作ったものだろう、と担任に怒られ、
頭にきてその場でばらして、もう一度作って見せたという記憶があります。
小学校3年生の時には、なんと
すでに部屋にエンジンがありました。エンジンとは言え、ラジコンの小さなエンジン。
親類の当時20代のお兄さんに頂いたお下がり。柱にくくりつけてプロペラを手で回して、
エンジンをかけると青い煙。爆音。親類から頂いたものですから、
親もむげには止めることができません。
本を読めば、クルマや、科学や、電気、乗り物、エンジン、そんなものばかりでしたので、
寝返りを打って柱のエンジンを見ると、次の朝まで眠れないこともあるほど、嬉しくてなりませんでした。
いま、そのお兄さんの長男がアルバイトスタッフとして活躍してくれています。もちろんセンスは親譲り。さすがです。

「未来のテレビは壁にかけられるようになって、その次は、紙の賞状のように、丸められるようになるんだ。」
「電話はポケットに入れる時代がくるんだ。」
「パソコンが世界をつないで、便利な時代がくるんだ。」
そんな沢山のことを言っていたのは、5年生のときの担任。
校内の開かずの間で見つけたラジオをばらしていると、無断で持ち出したことをこっ酷く叱り、
戦争を体験しているその先生は、その後には、組み立て方を、私にがっちり仕込みました。
都市の成長の仕方、モラル、処世術。彼の生き方と、考えにはとても共感しました。
クラスで何か事件が起これば、そして、いたずらが発生すれば、必ず私が疑われました。
現在で言う、ハイパーアクティブの症状も沢山ありましたので、担任からしても、
確かに目立って、かつ鼻に付きやすい生徒であったようです。しかし彼だけは、私を微塵も
疑わずに扱ってくれた。優しさをいつも感じておりました。
「ブドウ畑で帽子は正すな。」「スイカ畑で靴紐を結ぶな。」「人の意見に左右されるなら、聞くな。」
「うわさ、や、迷信や、いじめる発言に耳を傾けるな。」「信じるなら最後まで。」
そして、「人の意見を聞いたなら、最後に自分の目で確かめろ。」
彼が、今も私の心の中に生きています。(先生はご健在です。)

思春期を越えつつ、三人目の出会いは16歳の時でした。
当時の私は、採ったばかりの原付免許でバイクを乗り回す一人でした。
そこに現れたのは、元レーサー兼メカニック。当時20代中頃だった彼は、工具の扱い方、
バイクとの付き合い方、家族との付き合い方、すべてを隠さず、気取らず。
憧れました。バイクに限りません。どんなことも相談するととことんまで付き合ってくれます。
何の採り得の無い私に時間をかけて付き合ってくれました。
18歳が近づくと、電話が鳴りました。「免許取るんだろ?金も時間も無いんだろ?親も反対してるんだろ?」
ある日5万円かき集めるよう、連絡がありました。その次の日、5万円と交換したのがホンダ、シティー初期型。
今から教習するぞ。そう言うと彼は私を乗せて警察の介入しない近所の大学構内を走らせました。
当時彼はプロドライバーでしたので、万が一の事故や、検問があれば危険な状況でした。それを
何日も何時間も、免許が取れる頃になっても、微細なアクセルワーク、目の動かし方までに及び
叩き込まれました。
印象的なのは、「何もお礼が上手に出来ません。いろいろと、どうやって恩返しをしたら。。。。」
彼に一喝されました。「俺に返すなよ、気持ち悪いこと考えるな。誰かに返せばいいんだよ。いつか」

この三人は私の人生の3大要素かもしれません。




未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:14
(2007/01/24(水) 03:26)

 危機からの脱出
コメントありがとうございます。
どんどん書いてください。そのたび力を頂いています。


飽きてきました。

危機から脱出しました。と、書きたいのですが、
まだ、書けません。

ガスは出ますが、便はほとんどありません。
腸の腫れも、ガスが抜けただけで、
肥大している腸管の状態は、正常に戻っておりません。(想像です。)

新品の風船を膨らませて、直ぐにしぼめれば、元のサイズに
戻りますが、長時間、膨らませ続けたものは、
元のサイズには戻りませんね。この状態です。

ですが、この状態では、腸の筋肉が排便をしたり、
消化をしたりする力がないのです。そのほか、栄養の
吸収をしたり、体の中の老廃物を腸の中に送ったりする作用や、
腸管の血管の状況もよくありません。

で、点滴を始めてしばらくなりますが、栄養が足りないのと、
ほぼ食べていないので、ヘトヘトになっていますし、
面倒で動きたくないので筋力もがた落ちです。

それでも、ガスが抜けて腸を休ませることができる、
いずれ腸は腫れが引くと、言う可能性を秘めている以上、
デメリットには目をつぶらないといけませんね。

正念場であるはずなのに、少しだけ食べてます。
(少しであれば、「体に良い事」とも思ってます。)
卵かけご飯1/3杯とか、味噌汁上澄みとか。
これが、泣けるほどうまい。そして力がでます。


「絶食」とは言え、いま掛かっている医療チームは、
終末ケア、ターミナルケアにも精通しており、患者のリクエストに柔軟に対応してくれていて、意見、自主性を大きく尊重してくれています。
あまり厳重に「絶食」とは言いません。「点滴飽きたら、時々外しても、
いいんですよ。」「車椅子なり、なんなり準備しますよ。」「散歩したかったら、
付き合いますよ。」(あのさ、まだまだ、そこまで弱ってないさ。^_^;。。)

医師も看護師も聴診器をゆっくりとあて、外から腸の動きを観察し、薬の量や、
タイミングをあれこれと悩んでくれて。

昨日と今日の腸の状態、全体の状態を詳しく判断し、お互いに納得するまで状態を
把握します。

いずれにせよ、近くにこのご縁があったことは、結果のいずれにせよ、
私を納得させ、安心させ、家族も少なからず負担軽減しております。

結論。デメリットは唯一つ。出費。以上。

=========================

↓世間話から、始まるコラム。









未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/01/23(火) 22:51)

 危機からの脱出
コメントありがとうございます。
どんどん書いてください。そのたび力を頂いています。


飽きてきました。

危機から脱出しました。と、書きたいのですが、
まだ、書けません。

ガスは出ますが、便はほとんどありません。
腸の腫れも、ガスが抜けただけで、
肥大している腸管の状態は、正常に戻っておりません。(想像です。)

新品の風船を膨らませて、直ぐにしぼめれば、元のサイズに
戻りますが、長時間、膨らませ続けたものは、
元のサイズには戻りませんね。この状態です。

ですが、この状態では、腸の筋肉が排便をしたり、
消化をしたりする力がないのです。そのほか、栄養の
吸収をしたり、体の中の老廃物を腸の中に送ったりする作用や、
腸管の血管の状況もよくありません。

で、点滴を始めてしばらくなりますが、栄養が足りないのと、
ほぼ食べていないので、ヘトヘトになっていますし、
面倒で動きたくないので筋力もがた落ちです。

それでも、ガスが抜けて腸を休ませることができる、
いずれ腸は腫れが引くと、言う可能性を秘めている以上、
デメリットには目をつぶらないといけませんね。

正念場であるはずなのに、少しだけ食べてます。
(少しであれば、「体に良い事」とも思ってます。)
卵かけご飯1/3杯とか、味噌汁上澄みとか。
これが、泣けるほどうまい。そして力がでます。


「絶食」とは言え、いま掛かっている医療チームは、
終末ケア、ターミナルケアにも精通しており、患者のリクエストに柔軟に対応してくれていて、意見、自主性を大きく尊重してくれています。
あまり厳重に「絶食」とは言いません。「点滴飽きたら、時々外しても、
いいんですよ。」「車椅子なり、なんなり準備しますよ。」「散歩したかったら、
付き合いますよ。」(あのさ、まだまだ、そこまで弱ってないさ。^_^;。。)

医師も看護師も聴診器をゆっくりとあて、外から腸の動きを観察し、薬の量や、
タイミングをあれこれと悩んでくれて。

昨日と今日の腸の状態、全体の状態を詳しく判断し、お互いに納得するまで状態を
把握します。

いずれにせよ、近くにこのご縁があったことは、結果のいずれにせよ、
私を納得させ、安心させ、家族も少なからず負担軽減しております。

結論。デメリットは唯一つ。出費。以上。

=========================

↓世間話から、始まるコラム。









未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/01/23(火) 22:50)

 近況。
近況報告。


絶食と副作用のストレスでちょっとした動きも
とるのが苦痛です。

パソコン、携帯をもって私を心配していただける
皆様のことを考えると早期に更新したいのですが、
なにせ、台所に水を取りに行くのも億劫。
点滴をこぼして服をぬらしても、着替えるどころか
拭くのも億劫です。


返信は基本的にしておりませんが、

コメントをぜひ送ってください。書いては消して
送っていない人。送ろうとしてもビビッているひと。

=======
秘密:
管理者にだけ表示を許可する
=======
を、マークすると、私にしか、見れません。

でも、出来れば、「秘密」にはして欲しくない。
このブログで、皆様がいろいろな事を
考え、意見を持たれること、そしてご縁のある方々が
少しでも共鳴できれば面白いと考えております。
ぜひ、お願いします。何でも書いてください。



体。

ステロイド。お蔭様で順調にガス抜けつつあります。
その他マッサージ、「手当て」などして腸の腫れは、
引きつつあります。
正常が0で、よく居る一週間程度の
便秘のひとが「10」程度だとすると
今までの最悪の状況が(年始)100(限界値)
現在30くらいでしょうか。

ガスが正常なルートで抜けて居るのは事実ですが、
今のところ排便はありません。

ステロイドは、副作用の重い薬で、常用はあまり
期待できません。昨日まで8mm入れてましたが、
今日から4mmにダウンです。徐々にまた下げます。

サンドスタチンその他は変わらず。
カロリー投入は皮下点滴の限界は低いので、
フラフラです。

つまりステロイドで、浮腫(腫瘍周辺の腫れ)をひかせて
一時的に腸の状態をよくしてあげることは、
治療にはつながりません。これはあくまで一時的処置。

前にも書きましたが、腸の状態、(腸内環境とは
最近聞く言葉ですが、腸の状態を良く保つと、毒を
外に出す力、食べ物を正確に消化して、必要な量、必要な
形にして体にとどめる事など、いろいろな機能を
担っています。実は大事な臓器です。)

そして、ガス、腸内の堆積物、などなどを取り除き、
腫れを引かせる事で血管、分泌液、腸壁、腸の動きの
状態を良い状態に持っていて、最終的に
ステロイドがいらない状態でも浮腫を少なくし、
さらに腸内の状態をよくしてあげることで、
腫瘍周辺のダメージを減らして、腫瘍自体を弱体化させるのが、
本来の狙いです。

ですから、点滴は治療にあらず、処置です。
お間違いなく。

医師が100人居たら、98人までは、
貴方は悪くなっています。という意見をもらう状況ですが、
医師は医師。私は私の体を判断して、きっと行ける。
と、思っていますので、まだ大丈夫なのかと思います。

ここ大事。↓

痛みがないと、やる気がでます。

やる気がでれば、治ります。




もちろん、今までの選択が間違っていたとか、
手遅れになってしまったという、ことではなく、
精一杯の最高の判断をしていると思っています。

これ、大事!!↓

今までも、そしてますますこれからも、
ご縁からつながるいろんな夢を楽しみに。


未分類 | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:15
(2007/01/17(水) 22:43)

 減圧開始!
めでたく、

減圧の兆候が始まりました。



薬の効能と、皆さんのお気持ちと、ハイヤーセルフのご加護と、家族のパワーと私の気概と、
ナース、ドクターの慈しみ。その他すべてのおかげで
腸の破裂、崩壊は回避されそうな兆しです。

今日の午後見ると、あからさまにお腹全体がしぼんでいます。
とはいえ、健康体の腹には如何見ても見えませんし、よく見ないと
わからない範囲ですが。

痛みはかなりありますが、気絶するほどではありません。
寝返りも何とかできるようになりました。
相変わらずうつぶせは不可。仰向けは高負荷。

胃液、腸液、消化液が減った事がしぼんだ主因。
副作用に苦しんだ甲斐がありました。

腸内のガスは通常のコース(通常の排気ガスね。)ではまだ抜けていません。
通常のコース以外に??は??あるんですねえ。
腸壁からの吸収で、血管を通り肺に抜けるコース。←これは一般的に有名な部類。
そのほか沢山あるんですよね。必要に応じて緊急に体がコースを
作ろうとすることもあるらしい。(謎)
この腸内ガス、そもそも食物が醗酵したものだけではなく、毒素が
体から集まってきたという考えをする医学が洋の東西を問わず、
歴史的にも沢山あります。面白い世界ですよ。このあたりも。

15分刻みの蠕動も落ち着いてきまして、回数はあまり減らないものの、山が低くなった感じで、
軽い蠕動であれば目が覚めることがないくらいです。

これでガスが一定以下に下がってしまえば腸の負担もかなり減りますから、
腸内の環境の建て直し(=体調の建て直し)に入ることが出来ます。

やー。またも正念場。

きれいに立て直せば、ここから先、かなり優位に立てます。養生期間の削減、コスト削減、
身体への負担軽減、そして人生の次章の始まりが、良い方向に向ける事ができますし、
開始時期も早まります。という訳で、重大な局面が近づいています。

まあ、慌てるな、長い時間で出来た病気だ、人生何とかなる。
ゆっくりやろうと言ってもらえることは、とても嬉しいです。

現世利益なんて価値のないものになど左右されるな、
そんなもの無意味だ。時間にも人生にも良し悪しはないんだ。
比べられるようなものではないないのだ。
と、禅の心で書いてる本も心に響きます。

以下、自粛。
未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:9
(2007/01/12(金) 22:07)

 メキシコ ENCORE!
Mexico returns!

「まだ話せ」「もっと言え」というリクエスト、メキシコ話題。
と今日の私の二本立て。



まずはMexico。 何度も書きますが、結婚前の昔話です。


ちょっとVWマニアな話。

屋台街を歩いていると、ぱっと見、きれいなビートル。「あー。67見っけ。」と私。
5ラグ爪なしホイール、丸ノブアウターハンドル。
12ボルトヘッドライト、6ボルトフロントフード。
そして、フルスモークの窓とヘナチョコミラー、
日本車のシートをつけた超カスタムインテリアには
がっかりです。

「いや、77か79位だ。」と、
Mexicoいんちき代表が食って掛かります。

「いや、67ねんだね。オーナー呼ぼうぜ。」

庭からオーナー登場。
これは77だ。

おいおい、こいつらアホちゃうか??
あっちこっち観察していると、げ。。げ。。
彼ら、Mexicoでは77年あたりに、
67年の型でワーゲン作っているのね。
予想外のオチでした。

==================
メキシコシティーで一番という、ドラッグレースカーの
ショップに行きました。
「あのさ、おままごとじゃないんだから。」って思うほどの
ザツーーーな、ドラッグスター。
何秒? 14秒。 っておいおい。Mexico一位?
遅いだろ。ここでもまた、ゴチャゴチャと言い合いになりました。
「だから、ごめん。速いのみとめる。標高高かった。」
他のも、詳しく見ましたが、技術とノウハウは
とても高いものでした。

======================
カリフォルニア名物?アメリカに移民するメキシコ人。
違法にボーダーを越えてきた人々には、ほとんどの場合、
奴隷的労務が待っています。安くても仕事が欲しい彼らは、
現地より「高め。」の給料で劣悪環境で働く事もあります。
ロスの某、ボディーショップ(板金塗装やさん)。
新入りのMexico人らしきに声をかけると、
破格値で働かされていました。きれいに叩いて、
パテなどほとんどつけません。山形で見たあのプロの
技術にも引けをとらない彼のワーク。パテ1缶はMexicoでも
5000円程度。2週間の給料くらい?彼ら丁寧に丁寧に
叩いて、パテを節約するんですね。
日本なら、10万円以上の価値のパテなのでした。

=========================
ロスには先に移民した親戚なり、親族なり、友達の友達の友達など、
的確な身寄りがなかったり、いろいろな事情で、クルマで生活している
Mexico移民の方も、多いです。
ストリートでぶらぶらしているMexico系のティーンを捕まえて、ビートルのレストアをさせると、
安くてきれいな仕上げをするという噂もありますが。まだ試してません。
いずれにしてもロスでも彼らは、陽気でフレンドリーで、楽しく楽しく
気楽に生きています。
骨ははるかに太い感じのガタイの良い人が多いですが、体力なくて繊細な感じで、器用だったり、
日本人に近い感じの雰囲気のある人もいます。味覚も比較的似ているように思います。
==================
100円ショップでスペイン語の本とCDが買えます。
カタカナをそのまま発音するとほぼ正しいです。余裕で通じます。
L、例えば、LA はそのまま、「ラ。」 
RE は、レを、巻いた舌で 機関銃のように 「RERERERERE」と
やります。(伝わるかなあ。)英語にはない発音です。
JO YO は、いずれも ジョ とも ヨとも発音します。
RとLの違いを区別しない日本語と同様、JとYを区別しない為だとか。

ウノ、ドス、トレス、クワトロ、 プリメーラ、セグンド
グランデ、一度は聞いたことがあるはず聞こえの良い、
記憶に乗りやすい発音ですし、
覚えやすい字並びです。 使用地域は多いですし、
いいスパイス、いい武器になります。ぜひ挑戦してください。
必要に迫られると強いものです。5日居たMexicoで、日常会話と
価格交渉、材料の加工方法などは、
こなせるようになってしまいました。外国語に興味があれば、英語よりははるかに容易です。

=========================

最後に体調報告。

皮下点滴のため、カロリーの高い点滴は不可。
他の薬の効果との兼ね合いもあり、ノーカロリーです。
低血糖でフラフラになりながらも、今日も寝れず。
(内緒で甘い100%ジュースをすこしずつ飲んで血糖を上げました。)

麻薬は使用せず耐えてます。ウマくすると3日程度で効果が出てくるとのことでした。
医師の管理の下、完全で安全な断食が出来るのですから、
ある意味良い機会と思えば、良い機会です。

体重が下がっているためか、体力がないためか、体内が薬(毒)に
慣れていないためか、今日のところは副作用が強く出ているように思います。
吐き気、めまい、悪心、上半身のノボセ、よだれ、軽い発汗。
などなど。
作用はまだ見えておらず、浮腫の縮小などは体感していません。
痛みは変わらずあります。

それでは、また次回。体調に変化があれば、リポートします。

旅行のお話は、アメリカがとても強烈ですが、その前に
次はニュージーランドかな?タイもいいね。(^^♪


未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/01/12(金) 05:17)

 メキシコ その4 と近況報告
メキシコ 最終回!?

プライベートタイム。 





補足。イメージトレーニング。
現地の人はスーバーマリオ、ルィージと、
同じような^_^をしているひとが多いです。

赤道に近く、海洋の影響もあり、また、風のない盆地です。
季節は夏。朝から晩まで、いえいえ深夜も暑いです。



本題。

メキシコで一番美味しかったのは、タコス。

それまではアメリカのアメリカ的タコス
(アメリカ味、アメリカ価格)
しか食べたことがなかったのですが、

=====================




↑、あまり良いのが見つかりませんでしたが。
素人でもウマいDNA。音楽を片意地張らずに楽しんでいます。

========
やー、本場のタコス。路面店が夜になると
歩道と車道を占拠します。沢山の椅子とテーブル、
裸電球、ところかしこで楽しい歌声、陽気な人々。

森久○子サンみたいな体型のおっさんが、小さい
ボックスに入っています。カウンターキッチン?
宝くじ売り場の感じ?JRの切符売り場の雰囲気?

生地のボール、チーズの塊、スモークチキンの山。
足を吊った豚。野菜と小さいボックスに入っています。

カクテルを作るトムクルーズよろしく、振り向かずに
具材をナイフでそぎ落とし、目の前の鉄板で調理して
手品の如く生地の上に載せて、完成。
セルビードセニョール (ハイどうぞ、だんな様)

20センチサイズで50円。
チーズだけのシンプルなものが、一番好きでした。
ふかふかの生地、とろとろのチーズ。

ドリンクメニューはレモネードか、ビール。
調子に乗って2枚でパンパン、
3枚食べると、しばらく動けません。

動けないのに強引に動かされて、歌声に踊らされます。
BARに場所を変えて、飲み飲み、飲み。泥酔GOLFでGoです。
================
お次は昼飯。夜よりも豪勢に時間をかけるような
気がします。コースを何度か食べました。
モノトーンの古い古い建物の1階がフルフロア、
大きなレストランだったりします。

美味しく食べていると、
例のデカイ帽子(ソンブレロ)をかぶって、
エルビスプレスリーのような袖から紐が
ぶら下がっているのを着て、マリオ三人が
「じゃじゃーん♪ なにか唄いましょうか?」
と、やってきます。
チップを払って唄ってもらうのは、
慣れてないからか、すこし変な気分です。

外に出ると、昔の駅弁のような木箱を首から紐で提げて
4歳から12歳くらいの子供たちが、売り子をしています。
ガムとタバコとお菓子が入った箱を道行く人に押し付けて
何か買えよ。とせがみます。みなさん比較的嫌がらず、
買っていました。おつり返さないでダッシュする子供も
居ますが、大人も怒りませんし、ジャストで払って
難を逃れます。

信号待ちをしていると、窓を拭きに子供がやってきます。
断ると窓を汚して逃げます。そのあと、他のチームが
窓を拭きにやってきます。コインを渡してあげると、
笑顔でフキフキです。

メキシコの子供はとてもたくましいです。

===============================
信号はゼンマイで動いています。ジーーーーと、
音がします。確かタイ、バンコクもそうでした。
よく壊れてます。ずーっと赤とか赤青秒速とか。

==================
メキシコは歴史的にも銀でも有名。屋台には
量り売りの銀やさんがあります。指輪もチェーンも
グラムで取引されています。
公園のあちこちで出来ている屋台では、
衣食すべてと生活雑貨が売られています。
ストリートミュージシャンが沢山居て
輪になって踊る通りすがりの老若男女が居て、
貧乏ですが、心に余裕を感じます。
すべての生きる時間を楽しんでいます。

====================
ちなみに日本の文化はあまりありません。
隣国中国の文化はもちろん十分に入っています。
どこの国にも中国は幅を利かせています。中国パワーには
脱帽します。

=====================

というわけで、メキシコシリーズは終了。
思い出したり、質疑応答があれば、再開します。

続きは近況報告です。↓
[メキシコ その4 と近況報告]の続きを読む
未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2007/01/11(木) 02:43)

 メキシコ その3
ブログ更新は、腰の重い作業ですが、
さて、書き始めると、書くのも楽しいもので、
現実逃避になります。良い薬です。

メキシコその2の補足と その3

まずは補足。
当時の話ですから、現在の状況と異なる可能性はあります。

二色あるタクシーのうち、緑が新しく黄色が古い。
運転手になりたい人は車両の半分の価格を出し、
半分は政府が出します。利益は半分を政府に上納します。
実に合理的です。

ガソリン代、整備の費用は運転手負担。だから、
適当な整備、整備レス。が一般的。
窓が無い、テールレンズが無いは、あたりまえ、
ホイールキャップは付いていませんし、
バンパーは曲がっていないわけはありません。
路上でエンジンを下ろしてクラッチを交換したり、
通常、運転手は整備もやります。

万一の故障の際、(万一ではなく千一、百一(^^♪)
ビートルがビートルを牽きます。時には客を乗せたまま。
それをまたビートルが牽く事も。3台つながると壮観!?です。

リアだけをスラムさせるのが、流行していました。
T-2を使ったバスもリアがペタペタ。乗り心地は
想像にお任せします。

交通事情がとても悪いので事故も多く、ドアが閉まらないほど
への字に曲がった車両でも、フードや、フェンダーのチリが
合わなくなった車も沢山走っていました。
無事故の車両は無いといっても良いでしょう。

YesS、助手席はなく、乗客がドアを開け、
閉めるときは運転手が紐で引っ張ります。

フロントフード、リアフードはロープやチェーンで固定しています。

窓にフィルムを貼って黒くしたり、ホイールを換えたり、
いろいろ凝っているクルマもありますが、ほとんどは
タクシーではなく個人のクルマです。

↓続きは メキシコその3です。






[メキシコ その3]の続きを読む
未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/01/06(土) 02:07)

 明けましておめでとうございます。
明けましておめでとうございます。

近況報告です。

大晦日の深夜より妻、息子が体調を崩し、
(なにやら、保育園で貰って来た「嘔吐下痢症」とやら。)
茨城県警、土浦署機動隊ではなく、
妻の実家に援護要請をし、新年早々、
緊急出動していただきました。

私は大丈夫でした。が、案の上、元旦よりほぼ徹夜続きです。
断続的に痛みが続き、15分と寝てられません。
女性は偉いのだと、陣痛はえらいのだと。。
痛みは戦力を喪失させます。
今年になってから4キロ減です。
毒が4キロ抜けたのだと信じております。

数日前の夜など、「もういいや、何も要らないから
スイッチを切ってくれよ神様。」と思ってしまいました。
良くない傾向。しかし、結局、最後に大事なのは、
この、良くない方向に心を持っていかないことが、
重要な生きる要素であろうと考えています。

仕事や、部屋、クルマや、私物、見せたくない本、
過去の遺物などをあえて処分しない事は、私にとって、
生きる決心でもあります。
これについては数ヶ月の間に、良い決断だったのか
否かがはっきりします。
美空ひばりの唄うように、
「後の祭りよ」と、なるかならぬか。
もちろん、私はこのままクタバルつもりは
ありませんが、ここまで事態が進むと
それを許すか否かは私が決める事ではない
部分も否定できません。

積極的治療(前出)の結果、
下血はひどくなりましたが、翌日より徐々に開口し
数ヶ月止まっていた排便が見えるようになりました。
現在、極度の貧血症状と、「出た」ことにより、
数ヶ月休んでいた腸の蠕動運動が始まってしまい、
大蛇アナコンダが体内に寄生しているかの如くの
痛みと動きがあります。

これが15分に一度の激痛の要因であり、限界まで
肥大した腸に充満したガスを押し出そうとする動きです。
大蛇の望むようにガスは出ず、ただのた打ち回る大蛇は
想像を絶するものがあります。(痛みのなか、先日、
自分の腹の大蛇のグロテスクな動画を撮影しました。)
youtube にUPしようかと検討中。^_^;

症状が(痛みが)ひどくなることと、
体の状態が悪化する事は、相関しない。と、信じてはいるものの、
本当のことを知る事は、治療家にも、私にも出来ません。
そんななか、応援のCMや、メールなどを頂くことが
最高の心の薬になります。

希望を捨てないものに、神は幸福を与える。
今年も、皆様にとりまして幸多き一年であります事、
心よりお祈り申し上げます。





未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:5
(2007/01/05(金) 22:43)

 お待たせしました。久々の更新です。
正直申しまして、痛みは、やる気を削ぎ、
精神的にもやられてしまう原因になります。

とはいえ、バファリソのようなものでは、
あまり効果も期待できませんし、
麻薬は手に入りませんし、
ケミカル(調剤薬)はあまり口にしたくないので、
とりあえず悶々と絶えるだけです。

すこし遅くなりましたが、jamesbrown が死にました。73歳。
あれだけ薬と遊びで疲れた体で、73歳は正直、長生きでしょうね。

20代から変わらないステップ。最高です。


↓。これは60年代中ごろ。20代のJB。




そしてこれは去年。72歳。さすがGOD OF SOUL です。↓





かわらないセンスとステップ。天性でしょうね。





カンニソグのナカシマさんが亡くなりました。

助かるか、助からないか。助かりたいですね。
まず、彼の病も現代医学では難治といわれています。
進み具合、(進行具合)と、治療方法、精神力、人間力、
などなどが関係ありそうですね。

ちょっと前、「ガント戦うIT社長」さんが、亡くなりました。

この二人の共通点があるのでしょうか。たぶん、総合力
だと思っています。

カトウ茶さん。
現代医療の技術力の証明です。すごい技術力です。

科学的、化学的には、先進でも、生物学的には、
まだまだ、解らない事だらけです。



気が向けば、明日にでも、もしかしたら今日にでも
また更新するかもしれませんが、
しばらくしないかも知れません。

いずれにせよ、ご心配なく。


読んで頂いている一人ひとりの貴方に、いろいろな方に
いろいろとお世話になりました。
「何もしていないよ」っていう、貴方。
いえいえ、貴方の存在自体が未練になって、私を逝かせようと
しません。

大変感謝しております。来年もよろしくお願いします。
未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:10
(2006/12/27(水) 00:17)

 メキシコ その2
LAの、アメリカの話を書きたいのは山々ですが、
本が数冊書けてしまう話なので、まずは、メキシコ。その2。

メキシコVW純正のパーツを生産している工場のオーナーからの
お誘いでした。アメリカのイベントなどで数回合っていた彼に、
電話で連絡すると、
「ぜひ来てください。飛行機代は出します。」という、
下手な英語。

"vamonos mi amigo, mexico good city. no problemas
dos personas no problemas, mi casa tu casa.
good good. welcome.good food good lady good parts
good everything. "

心配になり、先方が用意した通訳をはさみ、3者通話にて
再確認し、翌日にはチケット手配をして、LAX空港に向かいました。

「水曜の夜2時。メキシコシティーの空港で合いましょう。」
「OO,XXX便です。間違いなくpickupしてください。」

空港に向かう車の中、すでにFMからはmusica latino ラテンな♪。
柄にもなくシャウトしまくりのノリノリで、二人でハイテンション。

セクシーな体型、そして、体臭を隠すべくスプレーされた香水が、
薄暗い飛行機の中に充満していました。まるでジャッキーブラウン。

レンタカーを返した後は、即時泥酔していましたので、
あまり覚えていませんが、出発カウンターで、ベロベロに酔った
私が、パーサーにちょっかい出していたのを、連れの従業員が
抑えていました。

フラフラの頭で、到着のアナウンスを聞き、初の国、メキシコ。
タラップから降りると、「これがメキシコの匂いか。」という
感じ。なんとなくボーっとしながら、入国審査。
日本語どころか英語も適当な担当官。美人女性。そして、どの女性も
豊満な胸。アピール満点の目元。連れと、
「相手になんて、ならないね。気が引けるね。」
「腰も引けてます。」と及び腰になりながらも
二人の目には、すでにサングラス。

暗い空港はタバコの吸殻だらけ。審査官もくわえタバコです。

ポケットの中身を全部出せ。
半ば、興味です。つかさず日本の5円玉を見せると、
これとトレードしろ。と、メキシコのコインを差し出します。

良いですよ。と、笑顔で数枚渡すと、パスポートに
スタンプを押して、開放してくれました。
「NICE TRIP」
「グラッシャス」

まずは換金窓口。一番のお気に入りを見つけて、
100ドル換金しました。

ロビーで迎えを待つこと2時間。そして、携帯、自宅、会社、
彼のすべての番号にかけるも、携帯の環境は
悪く、不通。固定電話は留守。
いらいらは募るばかり。遠くから危ない目つきの
人たちがいつも二人を見ています。疲労もピークです。

この時間に工場に向かっても、DENGERです。
ふたりのCHINO(アジア人のすべてをチノと、呼びます。)
(差別的でもあり、そのまんまでもあります。)が、
うろうろしていれば、命の保証はありあせん。
試しにタクシーの運転手にistapalapaという地名を告げると、
no good ! ダンジェロ!(デンジャラス)の返事。

空港警察に頼んで、istapalapa付近の、安全で安いホテルの
予約とタクシーを手配するようにお願いしました。

警官2名、柄の悪い運転手数名がごちゃごちゃと
会議をして、(これも、何かの策略にしか聞こえない。)
空腹も手伝ってCHINO二人は緊張の限界。
すでに胃液があふれそうです。

警官にチップを払い、運転手にチップを払い、
手招きされるまま、タクシーに乗りました。
車種はもちろん。ビートル。と言うわけには行きませんでした。
当時空港へのビートルタクシーの乗り入れは、全面禁止。
日産のツル(サニー現地生産)が待っていました。

移動すること20分程度でしょうか。アスファルトではあるものの、
段差、マンホール、極端に変化する車線幅、無理な割り込み。
信号無視、壊れた信号。立ち往生するビートル。などなど。
深夜のメキシコシティーを、ショックアブソーバのすっかり抜けた、
腰抜けツルは大爆走。リアシートでchino二人、ドアの取っ手を
しっかり握り、かばんをしっかり抱いて、会話もなく
流れる景色と危険の香りに、そしてフル加速、フルブレーキ、
カウンターをあてて曲がるコーナーに、酔っていました。

ブレーキを踏まず、歩道に乗り上げ、西部警察よろしく
サイドブレーキで止まったホテルは、
井上揚水もびっくり、村上龍も腰を抜かすほどの、
シャングリラ風味。豪華絢爛ホテルでは
ありませんか。

「まあ、軽く、やられたね。^_^;」
「これって、ぼったくりっすよね。(ーー;)」

二人をタクシーに乗せたまま、毛穴の汚れた前歯の無いドライバーは
フロントマンと、ベルボーイと、これまた会議。

「chino ハポン、こいつら、馬鹿だから、カモって良いよ。
空港の警官と山分けだぞ。殺すなよ。脅しても良いけど。
現金はあまりなさそうだけど、カードはあるだろ、CHINOだし。
とりあえず、明日の朝までに絞っておいてくれ。」

そんな会話にしか聞こえません。

ベルボーイ登場。以下、すべて、スペイン語。
しかし、火事場の底力。命のためには話せないものも、
話せるようになるものです。聞き取れないものも、
聞こえてくるものです。

b「お部屋に案内します。清算は明日の朝お願いします。」
i「今、お願いします。」
i「予算がありませんので、安い部屋をお願いします。」
i「予算が合わなければ、帰ります。」
b「一番安い部屋を手配しました。レジを閉めているので、
あす、清算でお願いします。かばんは後でお持ちします。」
i「かばんは私が運びます。」

タクシー代 200円程度チップ50円程度。
正規の金額でした。まあ、あとからしっかり絞られるんだろ。

8階の部屋を案内され、きれいな、豪華な部屋にため息をつき、
きれいな照明の風呂につかり。ソファで落ちるように寝ました。
ラテン、なかなかセンスいいんです。色もデザインも。

数時間後には緊張で目が覚めていました。
相方はすでに窓から下を覗いています。

標高2240m、沸点は確か80度くらいだったように記憶しています。
なんとなく、空気が薄い。後から標高を知ったときに
頭の痛さが増幅しました。

骨太の男性ばかり。セクシーな女性と、女性を失った元女性。
足の腐った犬。公道の路上で整備をする運転手。汚い路肩。
すぐそばのビルも見えないほどの大気汚染。さすが盆地。
そして、場違いなシャングリラ風味ぼったくりホテル。

意を決して二人でかばんをもってフロントに降りると、
そこにはやはり美人。
「000ペソ。(1500円位)です。」

は?????
何度も聞いてもその金額です。
「トータルでか??」「そうですよ(^.^)。」

なーんだ。ぼったくられないじゃん。

いいひとたちじゃん。



工場の連絡先を伝えて、電話をかけてもらいました。

10分後には、「わりーわりー明日だと思ってたよ。」と、
暢気なN氏が愛車で登場してくれました。
愛車は、ゴルフ。  ^_^; 
 





n2o_1211_877882_1s.jpg


未分類 | 固定リンク | トラックバック:2 | レス:6
(2006/12/16(土) 22:29)

 大丈夫。接戦ですが。
接戦ですが、大丈夫です。
51対49で勝ってます。
なんとかやってます。

痛みの種類が今までと異なりますが、
以前に書いた通り、自分の体の中に入っての
治療が効いているようにも思います。
同時に、治療による、ダメージも自分の体にも
出ており、フラフラです。

しかしながら、すべて想定内。
究極の選択。選択肢として、
今、的確に攻めなければ、攻め込まれる。
こうするしかなかったとも言えます。

とはいえ、ブログの更新がこうして出来ていますから、
自分の体に感謝です。

この数日、いろいろなことが起こりました。
いろいろな出会いもあり、いろいろな感謝も絶えず。
詳しくは後日。

未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2006/12/16(土) 20:29)

 メキシコの話。
メキシコも実は、私の体調を動かしています。
私の薬の一つに、彼らの国からのものが、あります。
高価ですが、効果も。

いつのことか、パスポートを見る必要がありますが、
LAから飛行機でメキシコシティーに入ったことがあります。
気の合う従業員と二人でした。数日しか居なかった国に、
ほれ込みました。

続きは次回。exdfororeoess.jpg


未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2006/12/10(日) 00:18)

 気温が下がると、テンションも下がります。

日が出ると、元気になります。

仙台はそろそろ、雨が雪になりました。
深夜は車の窓も凍ります。
風呂の窓は開かなくなる日もあります。

東洋医学の考えですが、
腫瘍の類は、体温を奪います。

逆に、炎症というのが、ありますが、
こちらは温度の上昇を表します。
まさに”ほのお”。

やけどは、冷やさないと、症状がひどくなる。
冷やせば、楽になるのではありません。
冷やせば、進行がそこでとまります。
冷やせば炎症を減らし、この炎症で、なってしまう
二次的なやけどを減らします。


「冬」は季節的にも熱を奪い、免疫力が下がり、
ますます劣勢となってしまいますから、
「床冷え」でご老人が亡くなるのも、
理屈の通りですね。

冷えの対策。としては、ただただ、暖める。
食べ物で暖める。暖をとって、温まる。
体を温める食べ物と、冷やす食べ物があります。
ディーゼルのエンジンと同じです。
一度暖めると、きっかけとなり、
ある程度の時間は持続します。

また、体質で、温まりやすい人、のぼせやすい人。と、
冷えやすい人。もあります。

お腹(患部と思われる部分)を触ると、
明らかに温度が低いです。感覚的には、0.5度くらいは
低いと思いますから、かなりです。

まだ、私の嘘ばっかりの怪しい見解を観る方は
↓けっこう正しい。と、思う。



060529_2208~001.jpg


[気温が下がると、テンションも下がります。]の続きを読む
未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:5
(2006/12/08(金) 21:56)

次のページ
copyright © 2005 がんぶろぐ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。