がんぶろぐ。
   直腸がんの治癒中の私の日々の報告と、思うところ、お伝えしたいところを書いております。後に続く患者の為にも情報公開も。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
# of view.

more than

of view since 25th Nov. 06. so far! Thanks for stopping by.

最近のコメント

give me e-mail whatever

Any news, anything good? or same SH** all day.

名前:
メール:
件名:
本文:

gimme whatever. I think i wont reply but..

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 メキシコ その2
LAの、アメリカの話を書きたいのは山々ですが、
本が数冊書けてしまう話なので、まずは、メキシコ。その2。

メキシコVW純正のパーツを生産している工場のオーナーからの
お誘いでした。アメリカのイベントなどで数回合っていた彼に、
電話で連絡すると、
「ぜひ来てください。飛行機代は出します。」という、
下手な英語。

"vamonos mi amigo, mexico good city. no problemas
dos personas no problemas, mi casa tu casa.
good good. welcome.good food good lady good parts
good everything. "

心配になり、先方が用意した通訳をはさみ、3者通話にて
再確認し、翌日にはチケット手配をして、LAX空港に向かいました。

「水曜の夜2時。メキシコシティーの空港で合いましょう。」
「OO,XXX便です。間違いなくpickupしてください。」

空港に向かう車の中、すでにFMからはmusica latino ラテンな♪。
柄にもなくシャウトしまくりのノリノリで、二人でハイテンション。

セクシーな体型、そして、体臭を隠すべくスプレーされた香水が、
薄暗い飛行機の中に充満していました。まるでジャッキーブラウン。

レンタカーを返した後は、即時泥酔していましたので、
あまり覚えていませんが、出発カウンターで、ベロベロに酔った
私が、パーサーにちょっかい出していたのを、連れの従業員が
抑えていました。

フラフラの頭で、到着のアナウンスを聞き、初の国、メキシコ。
タラップから降りると、「これがメキシコの匂いか。」という
感じ。なんとなくボーっとしながら、入国審査。
日本語どころか英語も適当な担当官。美人女性。そして、どの女性も
豊満な胸。アピール満点の目元。連れと、
「相手になんて、ならないね。気が引けるね。」
「腰も引けてます。」と及び腰になりながらも
二人の目には、すでにサングラス。

暗い空港はタバコの吸殻だらけ。審査官もくわえタバコです。

ポケットの中身を全部出せ。
半ば、興味です。つかさず日本の5円玉を見せると、
これとトレードしろ。と、メキシコのコインを差し出します。

良いですよ。と、笑顔で数枚渡すと、パスポートに
スタンプを押して、開放してくれました。
「NICE TRIP」
「グラッシャス」

まずは換金窓口。一番のお気に入りを見つけて、
100ドル換金しました。

ロビーで迎えを待つこと2時間。そして、携帯、自宅、会社、
彼のすべての番号にかけるも、携帯の環境は
悪く、不通。固定電話は留守。
いらいらは募るばかり。遠くから危ない目つきの
人たちがいつも二人を見ています。疲労もピークです。

この時間に工場に向かっても、DENGERです。
ふたりのCHINO(アジア人のすべてをチノと、呼びます。)
(差別的でもあり、そのまんまでもあります。)が、
うろうろしていれば、命の保証はありあせん。
試しにタクシーの運転手にistapalapaという地名を告げると、
no good ! ダンジェロ!(デンジャラス)の返事。

空港警察に頼んで、istapalapa付近の、安全で安いホテルの
予約とタクシーを手配するようにお願いしました。

警官2名、柄の悪い運転手数名がごちゃごちゃと
会議をして、(これも、何かの策略にしか聞こえない。)
空腹も手伝ってCHINO二人は緊張の限界。
すでに胃液があふれそうです。

警官にチップを払い、運転手にチップを払い、
手招きされるまま、タクシーに乗りました。
車種はもちろん。ビートル。と言うわけには行きませんでした。
当時空港へのビートルタクシーの乗り入れは、全面禁止。
日産のツル(サニー現地生産)が待っていました。

移動すること20分程度でしょうか。アスファルトではあるものの、
段差、マンホール、極端に変化する車線幅、無理な割り込み。
信号無視、壊れた信号。立ち往生するビートル。などなど。
深夜のメキシコシティーを、ショックアブソーバのすっかり抜けた、
腰抜けツルは大爆走。リアシートでchino二人、ドアの取っ手を
しっかり握り、かばんをしっかり抱いて、会話もなく
流れる景色と危険の香りに、そしてフル加速、フルブレーキ、
カウンターをあてて曲がるコーナーに、酔っていました。

ブレーキを踏まず、歩道に乗り上げ、西部警察よろしく
サイドブレーキで止まったホテルは、
井上揚水もびっくり、村上龍も腰を抜かすほどの、
シャングリラ風味。豪華絢爛ホテルでは
ありませんか。

「まあ、軽く、やられたね。^_^;」
「これって、ぼったくりっすよね。(ーー;)」

二人をタクシーに乗せたまま、毛穴の汚れた前歯の無いドライバーは
フロントマンと、ベルボーイと、これまた会議。

「chino ハポン、こいつら、馬鹿だから、カモって良いよ。
空港の警官と山分けだぞ。殺すなよ。脅しても良いけど。
現金はあまりなさそうだけど、カードはあるだろ、CHINOだし。
とりあえず、明日の朝までに絞っておいてくれ。」

そんな会話にしか聞こえません。

ベルボーイ登場。以下、すべて、スペイン語。
しかし、火事場の底力。命のためには話せないものも、
話せるようになるものです。聞き取れないものも、
聞こえてくるものです。

b「お部屋に案内します。清算は明日の朝お願いします。」
i「今、お願いします。」
i「予算がありませんので、安い部屋をお願いします。」
i「予算が合わなければ、帰ります。」
b「一番安い部屋を手配しました。レジを閉めているので、
あす、清算でお願いします。かばんは後でお持ちします。」
i「かばんは私が運びます。」

タクシー代 200円程度チップ50円程度。
正規の金額でした。まあ、あとからしっかり絞られるんだろ。

8階の部屋を案内され、きれいな、豪華な部屋にため息をつき、
きれいな照明の風呂につかり。ソファで落ちるように寝ました。
ラテン、なかなかセンスいいんです。色もデザインも。

数時間後には緊張で目が覚めていました。
相方はすでに窓から下を覗いています。

標高2240m、沸点は確か80度くらいだったように記憶しています。
なんとなく、空気が薄い。後から標高を知ったときに
頭の痛さが増幅しました。

骨太の男性ばかり。セクシーな女性と、女性を失った元女性。
足の腐った犬。公道の路上で整備をする運転手。汚い路肩。
すぐそばのビルも見えないほどの大気汚染。さすが盆地。
そして、場違いなシャングリラ風味ぼったくりホテル。

意を決して二人でかばんをもってフロントに降りると、
そこにはやはり美人。
「000ペソ。(1500円位)です。」

は?????
何度も聞いてもその金額です。
「トータルでか??」「そうですよ(^.^)。」

なーんだ。ぼったくられないじゃん。

いいひとたちじゃん。



工場の連絡先を伝えて、電話をかけてもらいました。

10分後には、「わりーわりー明日だと思ってたよ。」と、
暢気なN氏が愛車で登場してくれました。
愛車は、ゴルフ。  ^_^; 
 





n2o_1211_877882_1s.jpg

スポンサーサイト

未分類 | 固定リンク | トラックバック:2 | レス:6
(2006/12/16(土) 22:29)

<<お待たせしました。久々の更新です。 | ホーム | 大丈夫。接戦ですが。>>

コメント
  管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| # | 2006/12/26(火) 16:31 [ 編集 ]

 
読んでて面白かった
今は仕事で東京帰り中
今日までの自分の
生き方に疑問を感
じる一日でした。

URL | aboo #- | 2006/12/20(水) 23:09 [ 編集 ]

  管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| # | 2006/12/18(月) 11:14 [ 編集 ]

 
おもしろいですね~
一気に読んでしまいました!
これこそ本が書けそうな旅行ですね。
今こそ笑い話でしょうけど、当時の二人の様子を想像してしまいましたよ。
緊張感あったろうなあ・・・

それにしても色つやのある文章ですね。
これって文才なんでしょうか。

私もカナダ時代にメキシコ美人の色気に何度やられたことか・・・
すご~くエキゾチックな感じというかオリエンタルな雰囲気というか、人なつっこいし、パーティ好きだし、とても楽しかったなあ。
困ったことも多々ありましたけど・・・
そんなことを懐かしく思い出してしまいました。
URL | かわ #- | 2006/12/18(月) 00:20 [ 編集 ]

 
俺ならどうだろう?空港でやられてるか、ホテルで
ボられてるか、ん~未だ国外脱出した事無いから
未知数です。「オノボリサン」って言葉の代表選手なんだろうなー俺は....。次回渡航の際は案内人をヨロシク!!
URL | ふぉあふろんと #- | 2006/12/17(日) 21:28 [ 編集 ]

 
くっはぁぁぁ、そこ行きたかったなぁぁぁぁぁ。

URL | まさ たなか #- | 2006/12/17(日) 00:14 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://buzz1kki.blog84.fc2.com/tb.php/26-9f3ee58a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
大気汚染大気汚染(たいきおせん)とは、火山噴火などの自然災害ではなく、人為的な経済的、社会的活動によって大気が有害物質で汚染され、人の健康(呼吸器に悪い影響を与える)や生活環境、動植物に悪影響が生じる状態のことである。環境基本法第2条第3項に規定された「典
環境用語 | 2007/10/04(木) 09:06

  国を集めた
''詳細はメキシコの州を参照''1つの連邦区(連邦直轄地区)と、31の州に分かれる。首都メキシコシティの全域は、どの州にも属さないメキシコ連邦区|連邦区 (''Distrito Federal'') とされている。連邦区庁長官=メキシコ市長は、大統領によって指名・任命される。各州には、
国を集めた | 2007/03/30(金) 09:57

copyright © 2005 がんぶろぐ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。