がんぶろぐ。
   直腸がんの治癒中の私の日々の報告と、思うところ、お伝えしたいところを書いております。後に続く患者の為にも情報公開も。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
# of view.

more than

of view since 25th Nov. 06. so far! Thanks for stopping by.

最近のコメント

give me e-mail whatever

Any news, anything good? or same SH** all day.

名前:
メール:
件名:
本文:

gimme whatever. I think i wont reply but..

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 メキシコ その3
ブログ更新は、腰の重い作業ですが、
さて、書き始めると、書くのも楽しいもので、
現実逃避になります。良い薬です。

メキシコその2の補足と その3

まずは補足。
当時の話ですから、現在の状況と異なる可能性はあります。

二色あるタクシーのうち、緑が新しく黄色が古い。
運転手になりたい人は車両の半分の価格を出し、
半分は政府が出します。利益は半分を政府に上納します。
実に合理的です。

ガソリン代、整備の費用は運転手負担。だから、
適当な整備、整備レス。が一般的。
窓が無い、テールレンズが無いは、あたりまえ、
ホイールキャップは付いていませんし、
バンパーは曲がっていないわけはありません。
路上でエンジンを下ろしてクラッチを交換したり、
通常、運転手は整備もやります。

万一の故障の際、(万一ではなく千一、百一(^^♪)
ビートルがビートルを牽きます。時には客を乗せたまま。
それをまたビートルが牽く事も。3台つながると壮観!?です。

リアだけをスラムさせるのが、流行していました。
T-2を使ったバスもリアがペタペタ。乗り心地は
想像にお任せします。

交通事情がとても悪いので事故も多く、ドアが閉まらないほど
への字に曲がった車両でも、フードや、フェンダーのチリが
合わなくなった車も沢山走っていました。
無事故の車両は無いといっても良いでしょう。

YesS、助手席はなく、乗客がドアを開け、
閉めるときは運転手が紐で引っ張ります。

フロントフード、リアフードはロープやチェーンで固定しています。

窓にフィルムを貼って黒くしたり、ホイールを換えたり、
いろいろ凝っているクルマもありますが、ほとんどは
タクシーではなく個人のクルマです。

↓続きは メキシコその3です。







メキシコ 3

「素敵な仕事」

無事、現地人もびっくりの破格値で泊まれたホテルを後にして、
爆走ゴルフで私たち二人と彼は彼の工場へ向かいました。

ホイールキャップ、ミラーのアルミ部分、ホーングリルなど
プレスの製品を作る工場に到着です。

同じ敷地に社長一族が住んでおり、3名のお手伝いさんが作った
食事を頂きました。身分はある程度高いのか、豪華です。
1時間ほどでしょうか。ゆっくり戴きました。

9時からの勤務ですが、時間を過ぎてもまだ
従業員が集まりません。ぼちぼち10時ごろから集まりはじますが、
最後の一人がそろうまで、皆で遊んでいます。
最後の一人がそろうと、また、誰かがいません。
仕事は一向に始まりません。

やっとボスが社長室に皆を集めると、
小さいグラスにテキーラを人数分注ぎます。
私たちの分のグラスもありました。

注ぎ終わると私たちを紹介します。従業員は
ハポン、ハポンとニコニコしてますが、
tatooに筋肉。無精ヒゲにくわえタバコ。またしても
怖いLOOKS。しかしすでに私たちも強くなっています。

約20人(内、女性3名。)
それぞれ飲み干して仕事にかかりました。

持ち場について、ビールと弁当を広げるもの、
物陰に隠れて甘いハーブのウマそうな煙をくゆらすものと、
まったく仕事は始まりません。

それでも1時くらいまでダラダラすると、嬉しい昼休みです。
だいたい3時くらいまで。またも居なくなってしまいました。

夕方、近くのメッキやさんに行くというので、同行しました。

ほったて小屋。日の入らない暗い部屋は20畳くらいでしょうか。
人一人が入れるサイズの浴槽が並んでいます。しかも床は
べたべた、びしょびしょ。ハポン二人は無防備にも草履です。

草履だというと、またも「ノープロブレモ^_^」
奥からしわしわのお爺さんが登場しました。優しい顔です。

やさしい彼が作業を説明してくれました。
パーツをここで洗って、(汚い浴槽)
ここで酸につけて(汚い浴槽)
ここで電気をかけて、ここで洗って完成。(汚い浴槽)

そんなことを言っている彼の言葉を尻目に、ハポン二人は
彼の指、足に釘付けでした。指先がほとんどありません。
サンダルを履く足の指もありません。ないどころか、
緑茶色??みたいな変な色になっています。
床は怪しい水。浴槽からこぼれる液体。
メキシコで一番怖かったのはこの瞬間かもしれません。

「トラバーホ(仕事)のプロブレモ(問題)か?」と聞くと、
「トラバーホだけど、プロブレモではないよ。」と。
笑顔があどけないです。「Tu貴方 Ano年 ?」と聞くと、
「13」彼は、13歳です。何度確認しても、13歳。

ハポン二人は笑顔で挨拶すると大至急で建物の外に出ました。
かつ、草履から、ハネがあがらないように。

「やっばいっすね。」「やつ、死にますよね。もうすぐ。」

彼の給料は破格の一週間8000円。
外には3足のガリガリ犬が歩いています。野良も目つきは
極悪です。タバコをつけて、ゆっくりとメッキ屋の彼の行く末を
案じました。

爆走ゴルフで工場に戻ると、従業員は相変わらずダラダラモード。

一週間の給料は2000円程度とのこと、1500円くらいが
相場だから、ここは良い会社だと、彼らは言います。

ホイールキャップに取り外し用の二つ穴を開ける作業。
三人でプレスにぶら下がって、「がっちゃん。」
だいたい半回転させて、「がっちゃん。」
完成したらその辺にほおりなげます。
「メッキか、塗装するから、大丈夫。ノープロブレマス^_^」

プレスしたアルミにガラスをつけます。
これも良く割れます。ニコニコして、「やーい。また割った。」
「お前だって、さっき割っただろ。」とゲタゲタ笑ってます。

あまりのショックに、社長を呼びました。
「作業の効率化と製品の平均化のため、機械を新しくして、
業務体系を見直す必要がある。クオリティーチェックも、
全数検査すべきだ。」と私が言いますと、
「機械は高い。壊れる。人は安いし壊れない。^_^」
返す言葉は見つかりません。全く同じ笑顔をして見せました。

ジャスト5時まで談笑しながら仕事をすると、出入り口に20人の
渋滞が発生し、瞬間で帰宅しました。

ふと見ると、出入り口のそばに、高床式倉庫みたいなものを発見。
相方がはしごを上ると、あわてて降りてきました。
例の三人のお手伝いさん達の住処でした。4畳半。
この国の謎は深まるばかりです。
スポンサーサイト
未分類 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/01/06(土) 02:07)

<<メキシコ その4 と近況報告 | ホーム | 明けましておめでとうございます。>>

コメント
  管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| # | 2007/01/09(火) 15:01 [ 編集 ]

  痛い国や
ますます興味出ますね。これ
URL | まさ たなか #- | 2007/01/07(日) 00:01 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://buzz1kki.blog84.fc2.com/tb.php/29-170638ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 がんぶろぐ。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。